台風や強風被害の対策・棟板金や屋根材などの飛散

超大型台風・爆弾低気圧・ゲリラ豪雨、近年の自然環境は目まぐるしく変化してきています。


建物の屋根はこれらの自然災害や日々の太陽熱や風雨、四季の移り変わりと共に寒暖差等の数えだしたらきりがない程の過酷な環境に晒されています。

 

対策です。きちんと対策をしていれば、超大型台風や爆弾低気圧でも被害を最小、もしくは被害なしで抑える事が出来るはずです。

台風での強風 飛散 棟板金 町田市 横浜市

台風による強風で飛ばされてしまった棟板金役物。下地の貫材(木材)の状態も腐食・劣化が激しくもともとギリギリの状態で付いて台風の暴風で飛ばされたのです。

 

台風通過後に一番、多いのが棟板金の被害です。

 

早めの点検と修理です。早め早めが被害を最小限にします。

最後までお読みいただきありがとうございます。点検修理のご連絡おまちしております。

 

 

横浜市 川崎市 町田市 台風 被害 スレート 屋根工事 屋根リフォーム 飛散 破片なし

台風の風害で飛ばされた屋根瓦スレート

ジョイント部は完全に隠れていないとルーフィングを痛める原因になります。本来の屋根材の役割はルーフィングを守る為です。ルーフィングさえ正しく葺けていれば雨漏りは起こりません。

 

 

屋根リフォームでの葺き替えではルーフィングを葺くまでは毎回、気が抜けません。ルーフィングを葺けば一安心なのです。上記の例の修理は割れている1枚を差し替える、または破片があれば切断面にコーキングを塗布し接着すれば問題はないです。

 

差し替えなし、破片なし、コーキングだけでベタベタ接着し全ての隙間を塞ぐのは危険で、赤信号です。雨水の逃げ場を塞ぎ、更には毛細管現象で水が重力とは関係なく屋根の傾斜を上って行く事もありますので、注意が必要です。

 

横浜市 川崎市 町田市 台風 被害 スレート 屋根工事 屋根リフォーム 完成図 破片あり

写真を加工したものですが、本来の納まりです。小さい事ですが、こうゆう割れを補修せずにいると徐々にルーフィングを劣化させ雨漏りの原因につながります。

 

谷板金の緑色が消えただけでイメージの変化が凄いですね。

横浜市 川崎市 町田市 コロニアル 継ぎ目 屋根工事 屋根リフォーム
横浜市 川崎市 町田市 コロニアル 施工 納まり 屋根工事・屋根リフォーム

上の写真でスレートの割れている部分がジョイントになっています。

ここは隠れていないと非常にマズイ部分です。

長持ちさせる為の項目
 

1 ひび割れたスレート瓦はないか?
2 棟板金の浮きはないか?
3 棟板金の釘は抜けていないか?
4 瓦が?れていたり、ズレはないか?
5 下地(木材)の劣化・腐食は大丈夫か?

屋根のチェックポイント

ホーム>>台風や強風被害の対策

営業時間9~20時
tel  044-754-7898
fax 044-754-7727


雨漏り工事・屋根修理屋根リフォームの相談お待ちしております。
 

 

営業地域

 
【川崎市】

麻生区・多摩区・宮前区
高津区・中原区・川崎区
幸区
 
 

【横浜市】

青葉区・港北区・都筑区
鶴見区・緑区・神奈川区
栄区・旭区・西区・中区
磯子区・金沢区・瀬谷区
保土ヶ谷区・南区・泉区
港南区
 
 

【神奈川県】

大和市・綾瀬市・座間市
海老名市・相模原市
鎌倉市・藤沢市・逗子市
葉山町・横須賀市
 


【東京都】

大田区・目黒区・杉並区
品川区・世田谷・町田市
多摩市・稲城市・日野市
府中市・国立市・調布市
狛江市・ 三鷹市
武蔵野市・小金井市
ブログ屋根リフォーム工事施工の様子
雨漏り修理 施工の様子 屋根からの

東京都府中市の屋根修理。その③

 

2015/12/26

東京都府中市の屋根修理。その②

 

2015/12/18